京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

子日遊(ねのひのあそび)

こんにちは。
毬紗です。


宮中行事の話題です。

お正月の初子(はつね)の日に模様された遊びを「子日遊(ねのひのあそび)」といいます。

あるいは、「小松引(こまつひき)き」「子忌(ねいみ)」とも呼びます。


江戸時代中期の国語辞典『倭訓栞(わくんしおり)』に、こんな記述があります。

正月初の子日、野辺に出て小松を引きて祝とす、子の日を根延(ねのび)によせて、根ごめ(根こそぎ)にするなるべし、小松も又子松の義に取るなるべし

春の野遊びの習俗に、中国の邪気祓いの風習が合わさりました。

小さな松を、根っこから引き抜く「小松引き」と、若菜摘みをします。

若菜は、現在では七草粥に姿を変えています。

長上者に贈り、若菜の羹(あつもの。雑炊のようなもの)にして、長寿を祝いました。

またこの日は、奈良時代から宮中で宴会が行われています。

f:id:ichiharugallery:20190108202712j:plain
小松引きの様子
引用:
風俗博物館展示・子の日の小松引き

参考文献:
鈴木敬三編集『有職故実大辞典』吉川弘文館