京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

結果は、どうでもよくなってくる。

こんにちは。
毬紗です。


圧倒的な努力をするということは、余暇を減らすことです。

個人的な楽しみも減らします。

苦しい日が続きます。


そこで必ずあるのが、

「そこまでやって、無駄になることはありませんか」

という質問です。

無駄になることもあります。

何かに「賭ける」ということは「無駄」や「負け」も込みです。

実際に、歴史の中には、圧倒的な努力をしても、無名のまま、なんの記録も残らない人が多くいます。


アートに限って言えば、ほとんどの努力は、社会的には報われません。

それでもやらざるを得ない人だけが、やればいいと思っています。

私は、結果が気にならないほど、日々、やるべきだと感じることに没頭しています。

努力が報われるかどうかは、没頭していると、どうでもよくなります。

圧倒的な努力の末に、無名に沈んだ人たちも、そんな気持ちであったのだと感じます。