京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

変態は芸術家に向いている。

こんにちは。
毬紗です。


メールのお返事です。

「私の描いているものは、ほかの人に理解してもらえないかもしれません」

スピリチャル関係の話でした。

芸術は、人に理解してもらえなくても、いいのです。

一般に理解される作品ではなく、アートとして批評される作品を目指しましょうね。


アーティストさんや、一流のコレクターさんには、世間では変わっていると言われる人が多いですよ。

「変態」と呼べる趣味を持つ人も、珍しくありません。

私も変態です。

「倫理的におかしい」「気持ち悪い」と言われるような、あんな趣味や、こんな趣味も持っています。

私自身は、

「いやいや、人間は、もともとそういう感覚も持っているだろう」

と思っていますが、客観的に評価すれば、やはり変態です。

それを理解してもらうために、アートに携わっているわけではないので、個人的には問題ありません。


あなたの悩みの原因は、

「個人的な趣味を、アートで理解してもらいたい」

と願ってしまうところかもしれませんね。

個人的な趣味は、こっそり大事に楽しんでいいと思いますよ。

もちろん、変態性を売りにして、人気を集めるアーティストもいます。

自身の特殊性に対して、それを作品化し、「普通」に対しての問題定義をするアーティストもいます。

個人的な趣味、嗜好を、アートに結びつける方法を、これから学ぶといいですね。