京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

若いうちに本物を知って、打ちのめされておく。

こんにちは。
毬紗です。


芸術の世界には、ちょっとやそっとの努力では、到底太刀打ちできない才能を持つ人たちがいると、比較的若い頃に知りました。

若い頃に、打ちのめされておきましょう。


すごい人と言われている人の講演や展覧会に行って、

「この人、本当にすごい!」

と感動する経験とは、違いますよ。

それでは娯楽です。

本物のすごい人に「触れる」ためには、まずは自分の仕事に一生懸命になって、自分の限界を知りましょう。

公募展の150号の絵を、半年間かけて制作して、それでも落選し続けている人は、150号を2週間で描いて、毎年入選する人のすごさが分かります。

英検1級に、何度も落ちた人は、サラッと勉強して一発合格する人のすごさが分かります。

限界まで頑張った時に、

「ああ、でもその上の世界を、軽々とクリアしている人たちがいるんだ」

と、実感することができるのです。

それが「打ちのめされる経験」です。


まだ血気盛んな若い頃は、京都市美術館や、京都国立近代美術館に展示してある日本画をみては、

「なんでこんなに、私と違うんや…」

と落ち込みまくっていました。

京都では、常設展でも、良い日本画が展示されています。

学校の帰りに常設展に寄って、

「はあ…違いすぎるわ」

と落ち込むのが恒例になっていました。

自分で描いて、比較するので、ガンガンと違いが伝わってくるのです。


努力では到達できない場所があると知るのは、なるべく早い方がいいと考えています。

娘をみていると、

「勉強が好きな人たちの脳は、生まれつき違う」

と感じます。

記憶力や分析力が、普通ではありません。

それほど努力しないでも、普通の人が死ぬほど努力する地点へ、軽々と到達するのです。

その人たち自伝などで、「同級生に**君がいたから、僕は数学者になるのを諦めた」「**くんの絵をみて、私は芸術家ではなく、教育者への道を選んだ」などの記述がありますよね。

私も美術高校の同級生に、抜群に素描のうまい人がいて、

「私は、写実では勝負しない。この上手さは、努力で到達できるものではない」

と悟りました。

その人の親族は、芸術家ばかりで、まだ遺伝子研究が今ほどは進んでいなかったのですが、

「芸術家に向いている遺伝子はあるんだろうな」

とも感じました。


日本の「田舎の秀才」が、アメリカの「世界の秀才」に出会うような衝撃は、早く味わっておきましょう。

自分の強みは、

「さらにすごい強みを持っている人」

に出会って、初めてクリアに分かります。

「自分程度のレベルでは、すごいとは言えない」

この挫折感から、

「では何を強みにしていけば、勝ち抜いていけるだろう」

と、自分自身や、自分のいる業界を、客観視しようとするのです。

「自分は、もしかしたら、すごいものを持っているかもしれない」「隠れた才能があるかもしれない」と思えるときは、まだ世間知らずです。

本物に出会って、ようやく「本物の才能は、隠れることはない」「むしろ、ダダ漏れになる」と知るのです。


映画「ギリシャに消えた嘘」の原作です。映画も良かったのですが、「もしかしたら、本で読んだ方が面白いかも」と思いました。