京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

現代アートは「俯瞰」「観察」がキーワード。

こんにちは。
毬紗です。


ニコ生やYouTubeを見ていると、人の心の動きも、見えてきます。

誰かを教祖的に祭り上げたり、なんでもバッシングしたり、同じものを見ていても、それぞれの反応があります。


現代アートは、こういう状態を「俯瞰」することで、人や社会を理解し、表現しようとしています。

ファンになって、楽しむ態度とは違いますよ。

当事者にならずに「観察」をします。

役立つ情報であっても、

「それによって、主催者が利益を得ている」

という構図を忘れずに。

「どのような演出をしているのか」という裏側も、見抜いていきましょう。

賢く見せるための演出。

欲望を刺激するための演出。

別団体からのキックバックを得るための演出。

さまざまな演出があります。


そこで見抜いたものを作品として表現する場合、YouTubeでも問題になっていますが、表現方法には気をつけましょう。

オススメのユーチューバー、弁護士のkubotaさんの動画は、アーティストの表現活動の範囲に関しても、勉強になります。


弁護士を名乗ったYouTuberを呼び出して説教してみた。