京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

「作家というものは、自分が一番にならないと」秋野不矩

こんにちは。
毬紗です。


「芸術家」という名称が、活動を制限してしまうことがあります。

過去の「芸術」という概念にとらわれてしまうのです。


ルネサンス時代の巨匠の絵だから、傑作でしょうか。

美術館のコレクションは、本当に優れた作品でしょうか。

誰がそれを名作だと決めたのでしょう。


立派な人の言葉を、鵜呑みにしていませんか。

芸術家が、芸術を勉強するということは、暗記したり、調べることではないのです。

これまでの概念を疑い、批判し、自分の世界観を作り上げることです。

「作家というものは、自分が一番にならないと」
日本画家・秋野不矩


本日の読書、とても面白い本でした。数式の説明が丁寧で、理数系以外の人でも読めるレベルです。