京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

仕方なく、描いている。

こんにちは。
毬紗です。


画家のなかで、

「画家になりたくて、夢を叶えました」

という人は、少数派です。

「仕方なく描いている」

という人が多いのです。

「絵を描くことでしか、精神のバランスを保てない」

東山魁夷も、そうです。

少年期は、神経症で、両親の難しい関係を見ていた新吉(東山魁夷の本名)は、苦しみから逃れるように、絵の世界に没頭します。

青年期は、肉親が次々と亡くなり、落選続き。

寂寥のなかで描き続けた絵は、深淵なる緑青の世界を生み出しました。


f:id:ichiharugallery:20180907122228j:plain
東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画

生誕110年 東山魁夷展 | 京都国立近代美術館