京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

心が求める本は、ゆっくり読む。

こんにちは。
毬紗です。


本は、ゆっくり読んでも大丈夫ですよ。

単行本1冊だと、1ヶ月ほどかけると、いいですね。

目安は、著者が語りかけてくれるスピードです。


私は小学生から活字中毒なので、読むのが早くなりました。

知っている内容、語彙が増えるので、必然的に早くなります。

ですが、

「この本は、大事な本だ」

と感じたら、1〜2ヶ月かけて読みます。

ページを行ったり来たり。

考えを巡らせて、本から目を離したり。

進みません。

Twitterの読書記録では、読み終えた本に混ざっているので、分かりにくいですよね。


本は、数を読まなくていいのです。

「この本に、いま出会えてよかった」

そう思える本を手にするのが、読書の幸せです。



10回以上は読んだ著作集。河合隼雄先生なくして、いまの私はありません。いまでも、繰り返し読んでいます。