京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

本を手にする時間が、知性のある人との縁を作る。

こんにちは。
毬紗です。


Twitterで読書日記をつけ始めて、「たくさん本を読まれるのですね」と、驚かれることが増えました。

努力している日もありますが、自然に読めていることも。

子供の中学受験を機に、テレビを見なくなりました。

休憩中の手持ち無沙汰なときには、つい本を手にしています。

テレビは持っていますが、映画を見るときに使う程度です。


必然的に、友達は、テレビを見ない人ばかりになりました。

「テレビを見る人」ではなく、「テレビに出る人」と友達になっていきました。

話題も、流行の話題ではなく、これまでに深く学んだこと、体験したことがメインです。

1つのことを「研究者のように深く学ぶ」大切さを知りました。

本を読まなければ、研究者のように、深く学ぶことはできません。

読書の質が、友達の質までも決めるのです。


特に、自分の仕事に関することを、深く、掘り下げて勉強することは、同じように、自分の仕事や人生を愛する一流の人との縁を作ります。

敬愛し合える友達がいると、仕事へのモチベーションも上がります。

誰と、どんな時間を過ごすか、こだわりましょう。

尊敬し合える友達がいると、自己評価も上がりますよ。

友達は、自分の鏡です。

じっくり、自分の選んだ仕事に向き合い、知識を深めていく読書が、豊かな人生を作ると感じます。