京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

美術の勉強は、美術館と本と、専門家のギャラリートーク。

こんにちは。
毬紗です。

「週末だけを使った、美術の勉強方法を教えてください」とのリクエストをいただきました。

あまり時間をかけられないということですね。

では次の、3つのツールを、活用しましょう。


1、美術館
2、図録

3、ギャラリートーク、またはワークショップ


まずは、作品を美術館で鑑賞します。

写真集もいいのですが、本物の質感、大きさ、存在感を味わいましょう。


次は、図録です。

専門家が書いていますので、確かな知識を得られます。


そして、専門家のギャラリートークです。

ほぼ、週末に開催されます。

講演形式や、会場でのツアーがありますので、ぜひ参加しましょう。

ギャラリートークは、最新の情報を聞けることもあり、外せません。

テレビ番組の解説には、多忙な学芸員、研究者の先生方は、なかなか出演されません。

放送時間内に話をまとめないといけないので、一番面白い話が、カットされてしまうことも。

現場でのギャラリートークは、深い知識を得られる貴重な機会なのです。

ワークショップは、現役の作家さんから、テクニック面での考察を聞くことができます。

評論の専門家でも、参加したくなりますね。


この3つで、十分な学びを得られますよ。