京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

9月9日は、重陽の節句

こんにちは。

蔵田かずえです。


今日は、重陽節句ですね。
別名菊の節句とも言われています。

と言うのも、菊に無病息災を祈る神事だからです。

重陽とは、
九という一番大きな数字の奇数(陽)が重なる日。
を意味します。


古代中国において菊は、
「翁草(おきなぐさ」、「齢草(よわいぐさ」などと
呼ばれ、邪気を祓い長生きする薬草とされていました。

この中国の思想に影響を受けた平安時代の日本では、
宮中行事として「菊の被(き)せ綿」と言って、
前日の8日に菊の花に綿を被せ、
9日に菊の露と香りを含んだ綿で身体を拭き
無病息災・延命長寿を祈りました。

現在京都では、上賀茂神社法輪寺
市比賣神社で重陽の神事が行われています。



上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)公式Webサイト



ichihime.net


因みに、平安時代以前は「栗の節句」と呼ばれていたそうで
農山村や庶民の間で秋の収穫祭として、
栗ご飯などで節句を祝ったそうです。



季節の変わり目にある五節句
・一月七日の人日(じんじつ)の節句(七草の節句)、
・三月三日の上巳(じょうし)の節句(桃の節句)、
・五月五日の端午(たんご)の節句(菖蒲の節句)、
・七月七日の七夕(しちせき)の節句(笹の節句)、
・九月九日の重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)。

全て、奇数(陽)の月日で構成されているのが
分かります。


節句や節気に意識を持つと、
今自分が存在する場所と時間を
大切に過ごそうと思えます。




私の作るアクセサリーは、こちらから
ご覧下さいませ。

◆ウェブショップ
ICHIHARU

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)
ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス
info@ichiharugallery.com