京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

厳しさから本物の美が生まれる

こんにちは。
毬紗です。

セッションを受けていた、才能溢れる女の子から、

「宮先生が一番厳しいです」

との声をいただきました。

はい、有望な子には、ひときわ厳しいです。

お世辞ではなく、本当のことを伝えます。

慰めません。

おだてません。

ギフトのような才能を活かすために、今やるべきことを伝えます。


そういう指導は、めんどくさいです。

ずっと気にしています。

「ちょっともー、そんなことして、アホかいな!」と、ヤキモキすることもあります。

ですが、本物の芸術家が育っていく過程は、そんなものです。

本物は、簡単には育ちません。


見守る側の苦労を書きましたが、じつは、本人が一番苦しいのです。

心が荒れ狂っているときは、猛烈に苦しいです。

消えたいこと、すべてを壊したくなることも、数え切れないほどあります。

それを乗り越えて、作っている姿は、感動します。

しかも、作品には、苦しさが出ません。

カラッとした明るさがあります。

光があります。


無事に、育っていきますように。