京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

安藤忠雄の建築

こんにちは。

蔵田かずえです。




私がアサヒビール大山崎山荘美術館を好きなもう一つの理由には、
建築家・安藤忠雄設計による地中館があるからです。

地中館は、安藤氏により「地中の宝石箱」
と名づけられているそうです。


洋風の本館からドアを開け一歩入ると、
コンクリート壁に囲まれた階段を
下りていくようになっています。
その先は再び登っていく階段があり、
行き止まりになっています。
そこには細長い窓が。
光と木々の色が目に飛び込んできます。

コンクリートの打放しは、彼の建築の特徴でもあります。


地中館にある展示室は円形になっており、
クロード・モネの「睡蓮」を常時観ることができます。



ぜひ好きな方と一度訪れてください。
そして、素敵な豊かな時間を過ごしてください。


鑑賞後は、素敵なカフェでケーキをどうぞ。
企画展に因んだメニューも楽しめますよ。

こちらは紅葉の季節に、カフェテラスから観た景色です。

f:id:kazue-k15:20180903181018j:plain




www.asahibeer-oyamazaki.com




私の作るアクセサリーは、こちらから
ご覧下さいませ。

◆ウェブショップ
ICHIHARU

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU(店舗)
ICHIHARU GALLERY|一晴画廊

◆一晴画廊/Galley shop ICHIHARU メールアドレス
info@ichiharugallery.com