京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

なぜ、日本人は緑色を青色というの❓

こんにちは。

蔵田かずえです。


毎日暑くて溶けそうです。。。
だからこそ青色や緑色を見て、涼を感じたい‼︎

今日はそんな青色と緑色について。


日本人は、信号機の緑を「青信号」
瑞々しい緑色を「青々とした」
緑美しい竹を「青竹」

なんて言ったりしますよね。

これ、なぜかと言うと
「陰陽五行説」の思想が関係しています

この五行説では、万物を構成する元素は「木・火・土・金・水」の五つと考えられ、
これを色にすると、
木=青色
火=赤色
土=黄色
金=白色
水=黒色

となります。

さらに木は、青色であり、方位では東を表し、季節では春を指します。

なので、「青春」と言う言葉もここからきています。


私たちは、無意識のうちに五行説思想を取り入れて生活
しています。


※陰陽五行説とは・・・古来より中国で説かれてきた哲学理論。