京都御所南 Gallery ICHIHARU アートお喋り空間

教養は一流の人脈をつくる。京都のアーティストが超一流の人生から学んだ、実学の教養空間。

芸術に愛されるのは、母と父の徳のおかげ。

f:id:ichiharugallery:20180612223719j:plain
こんにちは。
まりさ先生です。

画廊の庭には、紫陽花の他に、梅や桃の木もあります。

写生するモチーフには、事欠きません。
母がいつも、庭の花木を手入れしてくれていました。

母は、美しいものを、身の回りに集めてくれました。

ガラス・ビーズ。
フランス刺繍。
レース編みの敷物。
クラシックのレコード。
福音館の絵本。
フランス人形。
万華鏡。

挙げていくと、キリがありません。

私の芸術は、母が育ててくれました。
そして、芸術を満喫できる暮らしを、父が叶えてくれました。

両親のおかげで、私の幸せがあります。
父と母が積んでくれた徳のおかげです。

もうすぐ私の誕生日です。
亥年の六月に生まれた人は、芸術の才があるとか。
芸術に関わる家に相応しい日に、生んでもらいました。
芸術家のパトロンだった曽祖父が集めた美術品は、私の目を鍛えてくれます。

心から、感謝です。